メインイメージ画像

海外で手術する人がいるのか

日本人にとっては引け目を感じてしまう人が大勢いる『仮性包茎』。実を言うと欧州では仮性包茎はとても自然な事と捉えられ、手術を考える方はほぼいないと言われているそうです。逆に皮に覆われている状態が良いとまでされていた歴史もあるほど。昔、オリンピックは全裸での開催だったのご存知ですか。その時、包茎ではない男の人皮を伸ばして無理やり包茎にしていた、と言うような話があるんだそうです。

包茎=引け目という常識の日本人からしたら、とてもあやかりたい文化ですよね。根元部固定法は切開しなで行うことができる包茎手術と言う事を、ご存知ですか?メスでの切開に不安を感じたり、本格的な手術に抵抗がある方に特にお奨めの手術と言えます。簡素に説明すると、包皮に?け癖をつける為、包皮を根元に寄せ集め医療用生体接着剤でくっつけると言うような方法なのです。短時間で行えメスも使用しないで、相対的に良心的な費用で凄く人気となっています。接着剤ですからある程度の期間を超えたら取れてしまいますが、何回か繰り返し行っていれば剥き癖がしっかり付き、包茎が改善することを目的とされています。

包茎の悩みで病院へ電話してみると、大体のケースが、改めて予約をして無償でカウンセリングをお願いすることができますよ。カウンセリングやってもらい、自分の包茎の様子、治療の必要性、手術費のこと等、様々話し手術を決めると言うのが世間一般的な流れです。ここで大切なのはカウンセリングの時は、たとえ小さな事も不安に思った事は質問してみて、心配事は拭い去っておくと言う事です。手術後に後悔しても遅いので、十分に納得した上で治療を決意できたらいいですね。

  • 包茎手術に興味がある